言葉を変える

よくなる言葉を毎日使うためには

幸せになる基本法則の一つ目は「言葉を変える」です。

言葉は古来から「言霊」とも云われ大きな力がある事が分かっています。

しかし、多くの人は、言葉の重みを知らないので、平気でグチ、悪口、文句、不平不満を言っています。もちろん、今の人生に不満があるからこそ、出てくる言葉であるとは思いますが、その自分の口から出た言葉によって、さらに悪い事を引き寄せている事に気づいていないため、悪循環が続く人生になってしまっています。
これを変えるには、普段使っている言葉を変える事が重要です。

神癒ビリケン倶楽部では、「よくなる言葉」として「ついてる」「うれしい」「楽しい」「感謝」「幸せ」「ありがとう」「許します」という言葉を使う事を推奨しています。
毎日、「よくなる言葉」を言ってみようと思っても三日坊主で終わってしまい、元の悪い言葉に戻ってしまうのが人間の習性です。

そこで、神癒のビリケンさんの登場です。

神癒のビリケンさんの足の裏をコチョコチョしながら、「ついてる」を言う習慣を身につける事で、言葉の悪循環から抜け出すことができます。
「ついてる」を言う事が習慣になって来ると不思議と良い事が起こって来る様になります。

そうなれば、「うれしい」「楽しい」「幸せ」などの言葉を使う事はとても簡単です。
まずは、神癒のビリケンさんを一緒に「ついてる」を習慣にしていきましょう。